「くらす」と「いきる」をととのえる

いろんなものの整え方を模索するブログ

こころの乱れは片付けと掃除でととのえる

おはようございます、Macoです。

 

「心の乱れは、部屋にあらわれる」

まさに連休明けのリビングの状態がそれでした。

 

連休明け、火曜日の朝。

気持ちが揺ら揺らしながら、何かしなきゃとやろうと思っていたことには着手できたものの、気持ちはすっきりしない。

 

水曜日の朝。

何もやる気になれない。

普段やる習慣なんてないけど、瞑想でもしようかな、とリビングのカーペットに座るもマインドがざわつきすぎて、ダメ。

 

 

ふと、部屋を見渡すと、リビングが散らかっていました。

 

連休に実家に泊まりにいっていたので、親子3人分の着替えや洗面道具、実家へ持っていっていた子供たちのおもちゃやそれを入れるリュックなどが、散乱していました。

 

毎朝、出かける前にリビングを「リセット」するのですが、昨日はお泊まりセットの片付けが億劫でそれをしませんでした。

そうすると、子供達の散らかした細々したおもちゃや絵本も、手付かずそのままに。

 

 

あれこれやってもダメだな、と思いました。

まず、これを整えるところから始めよう、と。

 

お泊まりするのに持っていた荷物を、ひとつひとつ定位置に戻し、洗濯するものは洗濯機へ。

 

ひとつ片付けると、またひとつ、片付けたいものに気付き、

またそれを持っていった先で片付けて。

 

そんなふうに連鎖的に片付けをしていったら、

いつの間にか部屋はきれいになり、不思議と、こころもスッキリ。

 

最後にトイレを素手で掃除して、いつものこころのコンディションに戻れました。 

 

 

やっぱり片付けと掃除って大事だなと改めて思った朝でした。

 

片付けてきれいにする、掃除してきれいにする、といった目的を持ってやるというよりは、

ただ単純にその行為に没頭するというのがよいみたい。

先を考えず、今、ここ、だけに集中する。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

自分・再発見 ー実家の自室のおかたづけー

こんにちわ、Macoです。

 

この3連休は、妹が子供を連れて帰省したので、私たち親子も実家に泊まり、3世代水いらずでワイワイ過ごしました。

 

子供達が楽しそうに走り回って遊んでいる頃、私は実家の自分の部屋を眺めていました・・・

 

私の部屋は今は物置きと化してしまい、私の幼少〜学生〜独身時代の様々な「思い出のもの」に加えて、もう使わないけどとりあえず取ってある衣装ケースだの、アウトドアグッズだの、一人暮らしで使っていたリネン類だの、何でも起きっぱなしに。

 

それに加え、母の所有するアルバム類や年賀状、更には、数年前に父の部屋を改装した時に「仮置き」ということで移動させられた父のものが段ボール箱にいくつも入っており、そのまま置かれているという、ひどい有様。

 

今年はライフオーガナイザー1級も取得したことだし、この部屋を一掃すべく本日着手いたしました。

 

今日は、明らかに不要な一人暮らし時代のあれこれを分別し、段ボール3箱分の「思い出のもの」を、プラスチックボックス1個に収まる量に厳選しました。

 

賞状、賞状の筒、様々な節目でもらった色紙、年賀状 等々、手放しました。

 

通知表も全部取ってあって、捨てるつもりだったのですが・・・

 

先生の通信欄にあった「Macoさんはこんな性格、こんな様子」という記述をいくつか読んで、ふと自分ってどんな子だったのだろう、ということをまとめたくなりました。

 

同様に、友達や先輩からの手紙も沢山残っていたのですが、

いくつかを読み返すと、その人に映った私の印象とか、私から影響を受けたことなどが色々書かれていて、やはりふと、客観的に自分がどんな人間なのかを見ることができるかもしれない、と思い、ゆっくり読み返したくなりました。

 

なので、今回はとりあえず捨てずに保管ボックスへ。

 

なにか、自分を見つめ直すきっかけが見つかりそうな気がしてきました。

 

そして、極めつけはこれです。

 

f:id:pacoblog:20201123170025j:plain

 

大学時代に書いた、大量のツーリング日記!

 

大学時代、自転車にシュラフを積んで、日本のあちこちを旅していました。

女子でこれをやっていた、というと、大抵驚かれます。

 

大学の部活でしたので、

仲間で走ることもあれば、誰かとペアで走ったり、1人で沖縄を1週間走ったこともありました。

そのどの時も、ほぼ毎日、日記を書いていました。

 

 

これを見て、私、気づきました。

私って、文章を書くことに抵抗ない、というか、好きなんだと。

 

 

ブログ記事を書いたり、友達に送るメールなどを作成する度に、文章を書くのは得意でないと思っていたのですが、

上手、下手は置いといて、少なくとも書くこと自体は嫌いではないんだな、と。

 

そして、この日記の中にも、当時私が感じたことなどの記述がありましたので、後々読み返そうと思い、保管ボックスへ。

 

 

部屋の片付けはまだまだ時間がかかりそうです。

 

できれば、年内にすっきりさせて、来年からの新しい時代を迎えたい。

モノを片付けるだけでなく、これまでの自分も振り返り、新たな時代を生きるヒントにしたい。

 

そんなことを思ったのでした。

 

 

まとめてやるのやめよ? 大掃除も小分けに

おはようございます、Macoです。

 

11月も半ばを過ぎ、年末が近づいてきましたが、

年末といえば、大掃除を気にされる方も多いのではないでしょうか。

 

新しい年を迎える、幸福の神様をお迎えする、そんな心新たに清らかな気持ちになるために掃除をすることはとても大切だと思うのですが、

普段やらない掃除をすべて年末にやるのはとっても大変!

 

まして私のような12月29日までフルスロットルで働く会社員には、残り2日で大掃除するなんて、とても無理です(涙)

過去には、大掃除どころかクリスマスツリーすら片付けられず・・・

危うく門松になるところでした(汗)

 

というわけで、過去の教訓から、

近年は年末に限定せず、気がついた時に掃除をしています。

 

「大掃除」という思い込み

ところで「大掃除」と言われて掃除する、いわゆる「普段は掃除しない場所」って、どこでしょう。

子供の頃、大掃除の手伝いをしていたときの視点で思い出すと・・・

 

シーリングライトの中

天井のクモの巣払い(田舎なのでw)

ガスコンロやレンジフード

冷蔵庫の中

換気口、排気扇

洗濯機とか冷蔵庫の裏

窓ガラス

玄関のたたき(を水で洗う)

下駄箱、シュークローク

家中の床を水拭き

障子の貼り替え

 

あたりかな。

 

これ、忙しい年末の数日間でよく掃除していたなぁ。まあ時代的なものもあるかもしれませんが。

 

でもこれ、別に年末に一気にやる必要ないと思いませんか。

普段からこまめに、とまで言わなくても、たまーに思い出してちょこちょこやっとけばいいんじゃない?と気付いたのは、大人になってだいぶ経ってからでした。

 

幼少期からの思い込みって根深いものです。

「大掃除」っていう言葉も、「年末には"大"規模に掃除せよ!」と指令下されてる感あるし。

 

 

「中掃除」を意識する

先日の記事でも書きましたが、「家事は小分けにして考える」のが楽。

なので、大掃除も分散させることを意識してみようと思いました。

 

ふと、何も用事のない週末が訪れたときに、換気口・換気扇(家の中に8カ所あります)の掃除。

 

夏場、子供たちが庭でプール遊びをしている時に、ついでに窓ガラスの掃除。

 

油汚れの緩みやすい季節のうちに、レンジフードの掃除。

 

冬の終わりと夏の終わりに、エアコンの掃除。

 

乾きの良い日和の時に、床の水拭きや玄関のたたきの掃除。

 

 

いつでも掃除できる人はこんなこと考える必要ないと思いますが・・・

仕事やら子育てやら自己啓発(?)やらで忙しいワーキングマザーは、時間とやる気に限界がありますよね!?(私だけじゃないはず、と思いたいw)

 

 

基本は普段の「小掃除」

あとは日々の掃除をちゃんとやっておけば、それなりにキレイは保てます。

 

特に水回りですねー。

自分でも経験して、汚れを落とすのが面倒くさいと分かっているので、

トイレや洗面台はほぼ毎日掃除しますし(その代わり1−2分で終了)

キッチンのワークトップは、水拭きか乾拭きしかしません。

洗剤を使う方が、2度拭きしなきゃいけなかったりで、面倒臭いのです。

 

あとは、例えば、

洗濯機の裏に洗濯物が落ちちゃって、拾おうとしたついでに埃をとる、とか。笑

偶然に機会が与えられた時が掃除の時だと思ってやってしまいます。

 

 

「おそうじしたい場所リスト」を作っておく

これは掃除に限らず何にでも言えることなのですが。

 

普段「時間できたらやりたいこといろいろあるのに!」って思ってる割には、ふと時間ができても有効に使えず終わってしまって、なんかすごい自己嫌悪みたいな気分になる・・・ということ、ありませんか?

私はある!(私だけ?)

 

なので、そんなダメ子な私のために、やりたいことがあったら何でもリスト化してEvernoteに入れておきます。

 

f:id:pacoblog:20201121071730j:plain


時々見返して、いつやるかなーと、予定や天気を見ながら考えたりします。

 

この画像のリストは、日々のto doを走り書きしただけのものなのですが、

ちゃんとした「おそうじリスト」を作っておいて、それを少しずつやっていって、

チェックがいっぱいになったらこの1年のお掃除は達成(=大掃除完了)ってことにしても良いんじゃないかな。

 

 

まとめ

大掃除という名称に騙されず(?)掃除を小分けにして、

「中掃除」として、やれそうな時にやる。

「小掃除」として、毎日使うような場所は普段から簡単でも手をかけておく。

 

 

ちなみに我が家は、私がこの半年間かなり自分に時間を投資したせいで、だいぶいろんなところが掃除できておりません。

なので、自分への戒めも含めてこの記事を書きましたwww

11月に入ってから、換気扇の掃除などをちょっとずつ進めていますよー。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

 

 

くらしを楽にする 情報管理アプリ4選

おはようございます、Macoです。

 

スマホのアプリは多種多様なものがあって、きっと自分の生活の中の「こうしたい」を叶えてくれるものがあると信じて探したりしています。

必要なものは人それぞれですが、今日は私が使っている、情報を整理したりタスク管理をするのに役に立っているアプリをご紹介します。

(あくまで私の場合です☆)

 長文ですので、興味あるところだけどうぞ〜 

  

1. スケジュール管理に "TimeTree"

timetreeapp.com

 カレンダーアプリです。

スケジュール表を他の人と共有することができるので、夫婦で共有して、それぞれの予定と子供達の予定、家族としての予定などを入れています。

また、カレンダーを複数作ることができるので、私の場合は、夫と共有しているカレンダーの他に、いざというときの子守や学校の早帰りの日などに預けられるか確認できるよう、母と共有しているカレンダーもあります。

 

他にはこんな機能が。

・リマインダー機能があるので、予定の前に通知することができる。

・共有している相手の携帯にも通知を表示できるので、「カレンダーに入れといたでしょ」「いや知らなかった」という不毛なやり取りを防げる。

・色分けができるので、家族一人ひとりで色を変えたり、個人の予定と家族全体の行事・気になるイベントの予定を違う色にして入れておける。

・予定に対する詳細情報、メモ・地図・プリントなどの画像保存もできる。

・ちょっとしたアルバム機能。例えば「◯月◯日 保育園運動会9:00-11:00」と入れたとすると、そのイベントの時間に撮った写真が自動で同期されて、後で見返せる!

 

他にもあるかもしれないですが、今のところ使ってみて良かった点はそんな感じでしょうか。

 

2. あらゆる情報を整理しながら保存 "Evernote"

evernote.com

シンプルだけど、多用途に使えるメモアプリ。

ビジネスで使うイメージがあったけれど、私は主に家庭に関する情報をまとめるツールとして利用しています。

ノートブック(パソコンでいうところのフォルダみたいなもの)の中にノート(これは言うならファイルかな)をどんどん足して作っていけるので、情報整理にぴったりです。

 

 例えば・・・

・学校や保育園の連絡プリントや児童クラブの利用規約を写メして子供別に保存

 

・クレジットカードの明細のダウンロードPDFを保存

 

・何でもチェックリスト化 → 買い物リスト、月1回の日用品購入時のストックチェックリスト、旅行の持ち物リスト、やりたいことリスト、コーピング(ストレス軽減の為に自分でできること)のリストまで

 

・服のコーディネートや、試着したときの写真を残して、自分に似合う服を探すときの参考にする

 

・季節イベントの書き留め。誕生日のメニューを記録しておくことで次回の参考にしたり、誕生日やクリスマスプレゼントは何だったとか、お盆やお正月に何を用意していくらくらい使ったとか、そういうことまで何でもメモっておく。

 

f:id:pacoblog:20201119052710j:plain

お弁当作るのとっても苦手だし要領悪いので、運動会のお弁当なんて毎回考えるの不可能。

だから、1年目に作ったこの内容でこれからずっと作るつもりでメモメモ・・・

(と思ったら、今年はコロナで運動会がなくなったけど)

 

あと、共有機能があるので、家族間でシェアしておきたい情報は共有してお互いアクセスできるようにしておいてもいいし、夫婦で子育て日記をつける、なんていうこともできるかも。(私はしていませんがw)

 

3.タスク管理に "リマインダー"

support.apple.com

iphoneにデフォルトで入ってるアプリです。

通知機能を利用して、To Do(誰かに連絡するとか、何かを買い足すとかいった小さなタスク)を入れておくために使用。

通知の日時指定ができるし、タスク完了の処理を自分でするまでずっとロック画面に表示できるので、付箋的に使っています。

 

To Do管理アプリとしては、以前TODISTというアプリを「タスクを夫と共有して進捗を見たい」という理由で入れたことがあったのですが、リマインダーでもタスクの共有や振り分けができるみたいなので、今度使ってみようと思います。

 

結婚式の準備とか、家を建てるとか、小さい子を連れて海外旅行に行く準備とか、子供の大学進学に伴う転居や手続きとか、視覚化してみると分担しないとこなせないほどのタスクがある時、パートナーと協力してこなしたい、と思うのは、私だけ・・・じゃないはず。

 

タスクが超いっぱいあるのに、何か気づくと自分ばかりがやる羽目になってしまっているような人(私だ)には、パートナーに「これだけ沢山のタスクがあるんだよ」ってことを知らせるのにも使えるかも、なんて思いました。

 

4. 最も気軽で手早く使える "メモ"

 

support.apple.com

これもiphoneに入っていたアプリ。

基本は2種類の使い方をしていています。

 

1.単純に何かのメモ書き

2.メッセージ、DM、LINEなどの下書き

 

Evernoteに入れるほどでもない、さくっとメモしておきたいときに使います。

ふと目に留まったいい言葉から、知り合った人のお名前、子供が発した笑える言葉、テレビで見た気になるトピックス、数秘を見てもらった時に言ってもらったアドバイスまで、とにかくメモ帳に書き殴る如く使用。

 

下書きは、私は何かと長文になる傾向がある(汗)ので、途中でうっかり送信ボタンに当たって送られてしまったり、頑張って書いたのに何かの間違いで消えてしまうと嫌なので、メモに下書きをしてからコピペでメッセージ送信ツールに移すようにしています。

 

 

私が情報整理をこの4つのアプリに絞って使い始めたのが2017年だったのですが、この記事を書くにあたってアプリの機能をよく調べてみたら、リマインダーやメモは使い始め当初よりだいぶいろんなことができるようになっていて驚きました。

 

メモアプリなんて、ほとんどEvernoteと同じことができる! 

自分が使う範囲に限って言うなら、ロックの掛け方が違うことくらいであとは同じように使えそう。研究の余地ありです。

 

5. まとめ

今回ご紹介した情報管理アプリは以下の4つです。

 

TimeTree 

Evernote 

リマインダー

メモ

 

基本的に、専用アプリを沢山使い分けるより、多用途に使えるシンプルなものを自分の使いやすいように使うのが好きなタイプです。

なので、お好みがあるかと思いますが、選択肢の一つとして参考にしていただけたら幸いです。

 

 

たからものがはいる、ばしょ

おはようございます、Macoです。

 

今日は、最近出会ったすてきな絵本から感じたことを。

 

f:id:pacoblog:20201105060141j:plain 

ティモシーのたからもの (ティモシーとサラの絵本) | 芭蕉 みどり |本 | 通販 | Amazon

 

 

芭蕉みどりさんのティモシーとサラの絵本シリーズ、とても好きです。

 

双子のこねずみのティモシーとサラを中心に、家族や仲間たちとの暖かい交流を描いたお話が、優しくて繊細なパステルカラーの絵と共に展開していきます。

 

子供達がお気に入りでよく借りてきてくれるので、寝る前に読んであげるのですが、

これは読めなかった・・・泣いてしまって。

 

 

ティモシーがお友達と水車を作るのですが、

自分のだけがうまく回らずどうしてだろうと色々考えます。

一度は投げ出すものの、やはり諦めきれず、お父さんのアドバイスを受けて本物の大きな水車を見にいき、そこからインスピレーションを受けてついに立派な水車を完成させます。

 

小川で水車を回らせ、幸せな気持ちになるティモシー。

 

つい、うとうと眠ってしまいます。

サラとお友達の声がして、目を覚ますと・・・

水車がありません。

 

どんなに探しても見つからない、水車。

 

サラとお友達に慰められるものの、夜になっても眠れず、

涙をこぼしながらお母さんに

「ぼく、あの すいしゃが わすれられないんだ」

と打ち明けます・・・

 

 

途中まで読んで、この絵本のテーマは「達成したいことに諦めないで取り組む」なのだろうと思っていました。

でも、まさか頑張って作った水車がなくなってしまうなんて!

意外な展開に、谷底に落とされたような気分です。

 

 

しかし、ティモシーのお母さんが、このように言葉を掛けます。

 

 

いまは わすれられなくても いいのよ

ねぇ、ティモシー、しってる?

あなたのなかに、たからものが はいる ばしょが あるのよ

なくしてしまった たいせつなものは、いつのまにか みんな そこに いるの

 

 

これね・・・

 

ティモシーが思考や時間を費やして自分の思いや愛情を大いに注ぎ、

そして自分の元に戻ることはなくなった「水車」が、

あなたにとっては何を象徴するのか、考えてみてほしいのです。

 

 

たとえば・・・

 

幼き日の母のぬくもり

 

何でも話せるこころ許せる友達

 

若き日に仲間と過ごした時間

 

愛し合える人との出会い

 

いつも自分を癒してくれるペット

 

愛する家族と過ごす何気ない休日

 

わが子の頭を撫でた時のやわらかい髪の感触

 

大切なことを教えてくれたあの人

 

 

・・・そして、

そういった思い出や感情を繋いでいるものたちとの、別れ。

 

もう二度と戻らない時間。

 

もう二度と会えない人。

 

そう思うほど、いとおしさが限りなく溢れる。

 

 

そんな対象があるなら、

あなたのこころのどこかに、それをしまっている場所がきっとある。

そんな「こころのひきだし」にあなたは気付いているでしょうか。

 

それらを失った時、

大きな悲しみしか感じることができないかもしれないけれど、

そんな時、このひきだしを開けてみてほしい。

 

そこには、暖かくて美しい、あなたのたからものがちゃんと入っているから。

 

 

悲しさや、寂しさも、ちゃんと受け止めてあげてほしい。

それも、たからものの一部。

それだけ、あなたが愛したという証拠。

 

気のすむまでその気持ちを抱きしめたら、

そのひきだしに入れればよいのかなと思います。

 

 

絵本は、

ティモシーが「たいせつなたからものがはいっているばしょ」にあるものを

回想している絵で終わります。

 

 

とても優しく、感じることも多い、素敵な絵本でした。

 

 

旅行が楽になるちょっとした仕込み

おはようございます、Macoです。

 

先週末、久しぶりに家族で旅行をしてきました。

 

とりあえず、泊まれそうな宿を探してみると、全然なくて。

皆さん、GO TO使って出掛けているんですね〜。

偶然見つかった能登のお宿を一週間前にやっと予約し、行ってまいりました。

 

特に詳しく調べず出発しましたが、行った先々で偶然楽しめることに出会え、

お宿のお食事も魚づくしでとても美味しく、満足できる旅行となりました。

 

 

キッズとの旅行はもちろん楽しいのですが、いろいろ大変な部分もあります。

そこで、私が実践した "ちょっと旅行が楽になる下準備" をご紹介。

 

 

①アップデート式持ち物リストを作っておく

 

子連れ旅行をするようになり、最初の頃は必ず忘れ物をしていました。

特に自分のもの。そこまで頭が回らないのです。

 

前日に準備が全部できればいいのだけど、メガネとかヘアケア用品とか充電器とか、当日の朝まで稼働していてバッグに入れられないグッズがあると、それを覚えておくのも大変でした。

 

そこで、旅行に持っていくものは、大体決まっているので

1泊2日で出かけるときに必要なモノのリスト」を何年か前に作りました。

それを保存しておき、旅行の度にアップデートさせながら使っています。

 

こんな感じで。

 

 f:id:pacoblog:20201104061941p:plain

 

前回の旅行が東京だったので、新幹線のチケットなど今回関係ないものも入ってますが、

そこは飛ばして、用意できたものからチェックを入れていくだけ。

 

毎回このリストを一から作るとなると大変だけれど、

ベースとして残しておけば、このまま使ってもいいし、今回用にアイテムを付け足すだけでよいので楽です。

もし、「あ、これ持っていっておけばよかったなー!」っていうものがあれば

このリストに書き足しておけば、次回の旅行の準備の参考にもなります。

 

忘れ物しても、買って解決できるものもありますよ、確かに。

でもね、それを探すのに時間を使うことが、旅先では本当にもったいない。

 

以前、子供がまだ赤ちゃんだった時にオムツを忘れるという失態をし、

行った先が結構田舎でドラッグストアやスーパーが見つからず、苦労したことがあります。

(なんでコンビニにオムツ売ってないんだろう?緊急度高いのに)

 

ちなみに、前回は「スタイ」とか「ベビーカー」などがリストにあり、

それらがもういらなくなるくらい次女が成長したことをしみじみ感じました・・・

 

 

②パジャマと洗濯物の仕分けは予めやってしまう

 

もしかしたら専用のグッズがあるかもしれませんが、

うちはとりあえずあるもので「洗濯ネット」を使いました。

 

旅行の準備をする時に、洗濯ネットを家族分用意して、そこに1人分ずつ入浴後に着るもの(パジャマ、下着)をセットして入れておきました。

 

宿でお風呂に入る時にやることは、その洗濯ネットを渡すだけ。

各々着替えを取り出したら、空になったネットに今度は着ていたものを入れてもらいました。もちろん畳まなくて放り込んでもらってOK。

 

そして、家に帰ってきたら、

洗濯ネットごと洗濯機に入れて、旅行の片付けと洗濯が一気に終了!

 

旅先で着替えを分けて渡すのも面倒だし、

家に帰ってからの洗濯のセットはもっと面倒じゃないですか。

洗濯ネットを小分け袋としても使う方法でした。

 

 

備えあれば、憂いなし!

特にママは子供が小さいと色んなことに気を回さなきゃいけなくて、

旅行そのものを楽しむところまで気持ちがなかなか追いつかないので。

 

家族全員が旅行時間を楽しめる参考になれば幸いです。

 

ゴミ袋の保管場所

こんにちわ、Macoです。

 

皆さんは、ゴミ箱に取り付けるゴミ袋、どこに保管していますか?

 

我が家はここにあります。

 

f:id:pacoblog:20201028060704j:plain

 

ゴミ箱の中です。

 

ゴミがいっぱいになって取り出したら、

ゴミ箱の中にある新しい袋を取り付けて、

おしまい。

 

生ゴミは、冷蔵庫の野菜室の奥に置いた半透明のボックスに入れていますが、

こちらもボックスの中に指定袋を入れてます。

 

f:id:pacoblog:20201028061022j:plain

 

別のところから袋を持ってくる手間がなく、

私以外の家族がゴミを取り出した時にもすぐに新しい袋を取り付けてもらえます。

 

職場でも、ゴミ袋は給湯コーナーにまとめて置かれているのですが、

そこから離れたところにあるシュレッダーのゴミ袋を取り替えるのに、毎回給湯コーナーまで取りに行くのが面倒だなーと思っていました。

そこで、シュレッダーの脇にS字フックでゴミ袋を吊り下げるようにしてみました。

なかなか使い勝手が良くなったと思います。

 

ゴミって気がつくと溜まっていて、すぐに袋を交換しなきゃ、ってなることが多いように思うので、こんな仕組みがあると楽ですよ。(ただのズボラです)